Concept

アスリートが試合に勝つために、もしくは自己ベストを更新することや安全に競技を楽しむためにはコンディションを整える必要があります。
それには食事や睡眠、ウォーミングアップやクールダウン等が考えられますが、ケガの予防から治療、競技力向上までを最大限に整えることが最も重要なコンディショニングといえます。
それはすなわちスポーツ医学と科学の融合であり、そのコンディショニングを最大限に引き出せる施設は日本にはまだ多くありません。ジュニアアスリートやレクリエーショナルアスリートにとっても、ケガを予防し長く楽しくスポーツを続けることは、スポーツを行う意義や生活の質を高めるといったスポーツの価値を見出すものとなります。
弊社はジュニアからトップレベルのチーム、もしくは個人に対して幅広くアスレティックトレーナーを派遣し、スポーツ医科学の分野で選手をサポートしています。
スピッツェンパフォーマンスコンディショニングセンターは鍼灸治療とトレーニング施設を併設することで、アスリートのケガの予防、治療、リハビリ、そして体力の強化を一貫して行うことができる施設です。

代表
多田 久剛 - Hisayoshi Tada -

PAGE TOP