レンタルスペース利用規約

ご利用希望の方はレンタルスペース利用規約をお読みになり、                                          最下部のリンクより同意の確認と必要事項の入力ををお願い致します。

第1条(名称)                                                                                     本施設は、Spitzen Performance Conditioning Center(以下「SPCC」)と称する。

第2条(運営)                                                                     SPCCの運営はNPO法人Spitzen Performance(以下「スピッツェン」という)が行う。

第3条(目的)
SPCCは、トレーニング利用やセミナー、イベント開催、スポーツ・ウェルネス等に関連する団体・個人の方にとってサービス提供やネットワークを構築する場として運営されることを目的とする。

第4条(使用用途)
SPCCは下記の使用用途で施設を貸し出すものとする。
① セミナー・イベント・会議・研修利用
② トレーニング場として利用(6名まで)それ以上の場合は要相談。
③トレーニング指導の場としての利用(指導者1人に対して最大6名まで可能)                            ※トレーニング中の栄養補給以外の目的で飲食をする場合には、事前にスピッツェンへ確認しその了解を得なければならない。

第5条(機器-備品)
SPCCの利用者はトレーニングエリア内の機器・備品を利用できるものとする。                             ただし、故障、破損等の事情により使用できないものがありうることを利用者はあらかじめ承諾し、必要に応じて事前に確認するものとする。

第6条 使用料金(税抜)・支払い方法
SPCCの利用にかかる料金(税込)は下記の通りとする。
1.クレジットカードによる事前支払い                                                      1時間1,650円 30分(825円)単位で延長可能(最低予約時間は1時間とする)。                               予約された段階で支払専用URLを発行し、発行後2日以内に支払う。前日、当日の場合は使用前に支払う。                                          2.現金による当日支払い                                                                1時間2,200円 30分単位(1,100円)単位で延長可能(最低予約時間は1時間とする)。

第7条(予約方法)
SPCCの利用予約はSPCC公式LINE(LINEが利用できない方はメール)にて当月、翌月利用分を行うことができる。              利用希望日、希望時間、使用人数を知らせる。                                            それよりも先の予約は要相談。

第8条(注意事項)
1.利用時間の途中で利用を終了した場合でも、利用料金の返金等は行わない。
2.利用にあたり利用者が持ち込んだ機器-備品などが破損・紛失などした場合でも、SPCCは一切の責任を負わない。
3.SPCCを利用した際に出たゴミは利用者自身が持ち帰る。
4.利用時間の延長を希望する場合は、利用時間内に利用延長申請をし、その承諾を得るものとし、                     これに違反してスピッツェンに損害が生じた場合には、利用者はその賠償をするものとする。
5. 貴重品の管理などは利用者自身で行うものとし、SPCCはその紛失・盗難等に一切責任を負わない。
6.SPCCには駐車場・駐輪場はないので近隣の駐車場・駐輪場を利用する。
7.施設使用後は、利用時間内に使用開始前の状態に戻し、室内を清掃した上で退出するものとする。                  8.SPCC利用の際には入口のマットで外履きを脱ぎ使用するものとする。                                9.使用人数が3人以下の場合は、他者と共有での利用とのなることがある。

第9条(禁止事項)
次に掲げる各項目については、SPCCを利用する際の禁止事項とする
1.公序良俗に反すること
2.SPCCの品位を損なうこと
3.SPCC内での飲酒・喫煙
4.酒気を帯びての利用
5.器具を床に落としたり、大きな音楽や大声で騒ぐなどしたり故意に音を立てるまたは振動を与える行為
6.利用者同士や他の利用者に対する無理な勧誘や営業行為
7.運営会社の許可を得ないSPCC内での飲食行為
8.他人を誹謗、中傷すること
9.他人に対する暴力行為や威嚇行為
10.痴漢、覗き、露出、盗撮などの行為
11.施設内や機器-備品に落書きや造作をする行為
12.施設内や機器-備品を破壊、毀損、変更等する行為
13.その他、SPCCの施設目的にそぐわない行為                                                      14.SPCCの利用券をスピッツェンの承諾なしに第三者に譲渡、転貸する行為                                           15.危険物、腐敗物、重量物の持ち込み

第10条(施設の一時的閉鎖・一時的休業)
次の各号に該当する際、運営会社はSPCCを閉鎖、もしくは休業することができるものとし、                                        すでに予約を完了していた利用者についても、支払い済みの利用料を返金することを除き何らの補償もせずに、              予約を解約することができるものとする。
1. 気象災害、その他外因的事由により、その災害が利用者に及ぶと判断された時
2. 施設の増改築・修繕または点検を実施するとき
3. 定期休業等による場合
4. その他重大な事由によりやむを得ないとき

第11条(利用の禁止)
以下に該当する者は、SPCCを利用することができない。利用中に発覚した場合は、退出を求めるものとする。
1. 暴力団関係者等反社会的な組織に属する者
2. 集団感染する恐れのある疾病を有する(その恐れがある場合を含む)者
3. 飲酒等により、正常な施設利用ができないと判断された者
4. 第10条に掲げる項目に該当する行為を行った者
5. その他、正常な施設利用ができないとスピッツェンに判断された者

第12条(免責および損害賠償)
1. 利用者は故意、過失に関わらず、SPCCの施設・機器備品等を破損したときは、破損した物の修繕費用・再調達価格を賠償するものとする。
2. 利用者が、人的、物的事故を引き起こした場合には、被害者に対して速やかにその損害を賠償するものとする。
3. スピッツェンは、自らに故意または重大な過失がない限り、SPCCで利用者が怪我、紛失、盗難などの被害を受けた場合であっても、一切責任を負わない。

 

第13条(キャンセルポリシー)
1.申込後に、やむを得ない理由によりキャンセルする場合には、スピッツェンに速やかに連絡するものとする。
2.キャンセル料については下記によるものとする
無断キャンセル:100% , 2日前~当日キャンセル:100% , 3日前:80% 1週間前:50% , 1か月以上前まで:0%
3.事前支払いの払い戻しについては、クレジットカードへ行う。現金の場合は現金もしくは指定口座(振込手数料は利用者負担)に行う。

第14条(改定、変更、追加)
本規約の改正は、SPCCが必要に応じてこれを行うことができるものとし、利用者はそれに従うものとする。

第16条(附則)
本規約は令和1年7月7日より施行する。

令和3年4月1日改定。
令和3年6月2日改定。

ご利用希望の方はこちらから利用規約への同意をお願い致します。

PAGE TOP